Posted (GRbik7uK) in スズキ

街中を走ることだけではなく、
山道や海沿いなど悪路であっても爽快に走りぬけることが出来るのがスズキバイクのGSR400です。

このバイクはバイク好きの方なら誰でも知っているほど有名なのですが、
まだ免許をとったばかりの人やあまり詳しくない方は
知らない事が多いと思いますので紹介していきたいと思います。

まずはそのパフォーマンス力なのですが、
高剛性アルミダイキャスト製ツインスパーフレームを使っていることが外観をよりスリムにすることを実現していて、
さらに軽さを出すことが可能になったため、走り出しの良さには定評があります。

そしてバイクを購入したならいくつかのパーツをカスタマイズしたり、
自由自在にコントロールできるようにしたいと考える人が多いです。

そんなニーズにも応えることが出来るほど作りがとてもシンプルなので、
自分好みに、そして個性的にカスタマイズすることができます。
またエンジンもハイパワーなため、いう事なしの走りを体感することができますし、
どれだけ走り続けたとしても安定性が優れているため疲れ知らずです。

それではGSR400のサスペンションはどうなっているのかというと、
高剛性インナーチューブ径43mm正立フォークのフロントサスペンションを使用していることから
タイヤの安定性が抜群で、
思い通りの切り返しが可能なため「自分で操作している」「走っている」
という感覚をダイレクトに味わうことができます。

そしてより高い快走性を保つためにラジアルタイヤを使っているのも特徴で、
パワフルな走りが実現できることから雨道であっても、砂利道であっても乗りこなすことが可能です。

次は制御システムなのですが、このバイクではABS制動システムを使っています。
これは特別装備ではなくて、標準装備になっているのです。

また道を走っているときに急な坂道、また下り道で思いきりブレーキを踏むことがあります。
その時どうしても過度の負荷が制御システムにかかってしまうのですが、
このGSR400ではストレスを抑えるABSを使用しているため、ブレーキ性能にも何ら問題はありません。

常にどんな道を走っていたとしても、
安定したストップ、そして走りだしを引きだしてくれます。

またバイクの命ともいえる車輪速センサーではアクティブセンサーを採用しており、
ゆっくりとしたスピードから急激な加速にいたるまで、
全て可能になっていますがこれは軽量プレートを使用しているからです。

全てのパーツに出来るだけ負荷をかけず、
そして見た目にもシャープなものという事をこだわり抜いたのがこのバイクの素晴らしいところです。

そのほかにも高回転型エンジン、フューエルインジェクションシステム、
高速処理のECMを採用していますので、いくら走行しても高い燃費力をほこっていますので
私たちの生活にも支障がありませんし、
またいつでもバイクに乗りたいという気持ちにさせてくれるのではないでしょうか。