Posted (GRbik7uK) in スズキ

バイク好きの人なら一度は乗ってみたいと思うのがスズキのバイクではないでしょうか。
ここではそんなスズキバイクのことについて紹介していきたいと思います。
やはりどんな製品が揃っているのかが気になりますよね。
大きくわけるとスズキには401cc以上のものをはじめとして、251~400cc、126~250cc、51~125cc、50cc以下、電動バイク、電動アシスト自転車など数多くの製品を取り揃えています。
それでは製品ごとにどんなバイクがあるのか二種類にしぼって見ていきましょう。
まずは401cc以上のものですがバンディット1250F ABSはエンジン、ユーティリティ、コンフォートの全てにおいて素晴らしい走りを生み出してくれます。
価格は1,123,500円となっていて、ボディーカラーがグレーメタリック、アルバブルーメタリック、ブラック、グラススプラッシュホワイトの4色展開になっていますので、お気に入りのボディを見つけることが可能です。
エンジンには直列4気筒のDOHC・4バルブですので、風の抵抗をもろともしない走りは海沿いを走る時にも快適で、海風からの抵抗もなんなくクリアしてくれますので、バイク乗りの初心者でも安全に走行することができます。
不安定な乗りこなしではどんなに見た目がカッコよくても初心者には手をだすことができません。
次はグラディウス400 ABSは走りのパフォーマンスに特化していて、それはVツインエンジンをつんでいることから実現できるものであり、爆走行を楽しみたい方にはすごくおすすめのバイクです。
高速回転から生み出されるタイヤの走り出しは、思い通りのスピードが出すことができますので、例えば街を走っているときには静かに走行することが可能なのですが、高速道路で切り替えたときに急な高速回転にも難なくついてきてくれることができるのです。
これはVツインエンジンだからこそだといえるでしょう。
また機能性にもこだわりをみせていて、メーターパネルは大きく表示されていることから見やすく、そしてンジケーターランプを使用しています。
またシートはフラットタイプですので、前後の行程さがないため乗りやすくシートに絞りこまれないことから長時間走っていてもお尻が痛くなることがありません。
見た目にもシャープで美しいので、このシートはとても人気があります。
またこだわりの部分はこれだけではなく、フロントサスペンション、リヤサスペンション、グラブバー、シート下荷掛け用ループにもスタイルを崩すことがない美しさをキープしてくれる要素があります。
スズキのバイクの特徴は走りをより快適にすることだけではなく、走っている時の車体の美しさや乗っている人が扱いやすいバイクを常に生み出していることです。
これは外観の塗装だけではなく、エンジンなどの内部にもこだわっているからこそ実現することができており、その性能と高さは海外ブランドに引けをとりません。