Posted (GRbik7uK) in ツーリング特集

宇都宮市内中心部にある美しいお城

宇都宮城址は、宇都宮市役所のすぐわきに位置していて、市内中心部にあります。
そのため、ここに行くには、市内を通っている国道119号線を走っていくのが便利です。
いろいろなアクセス方法がありますが、バイクで行くのであれば、このルートで行くと初めての人でも迷うことなく楽に着けます。

宇都宮城址は、藤原氏が平安時代に建造した土塁が始まりとされていて、かなり歴史のある史跡です。
100名城の一つにも指定されていて、その美しさと伝統は国内でも有数のものです。
宇都宮城址は城址公園として広いエリアが観光スポットとなっていますので、水辺の景色をのんびり楽しんだり、清明館という資料館で城についての資料や、宇都宮付近の昔の様子などを学んでみるのも良いでしょう。

古代に存在していた土塁を再現していて、その名残を公園の中で見ることができます。
櫓がその土塁上に建てられていて、その中に入ることができますので、当時の様子を知るのに役立ちます。
この櫓もきれいな建造物で、城の美しさと相まって良い雰囲気を醸し出しています。

春の花見のシーズンは桜が見事に咲いてたくさんの人でにぎわう

一年を通じて美しい城の情景を眺められるのが宇都宮城址の良いところですが、特に春の時期は花見客でにぎわいます。
公園内には4種類の桜が植えられていて、いたるところで壮麗な咲きっぷりを見せてくれます。
昼から夜までたくさんの花見客が訪れて、かなりのにぎわいとなりますので、このタイミングに合わせてツーリングを計画するのも良いでしょう。

露店もたくさん出店しますので、祭りの気分に浸りながらワイワイと楽しめます。
その分、周辺の道路はお昼前から混雑しますし、駐車場に余裕がないこともあります。
少し早めに出発するようにして、余裕を持って宇都宮城址に着けるようにしておくと良いでしょう。

東北自動車道でも北関東自動車道でもアクセスしやすい位置にある

宇都宮城址は、東北自動車道と北関東自動車道のどちらからでもアクセスすることができます。
インターチェンジから宇都宮城址まではおよそ20分程度で、かなり楽にたどりつくことができるので、ナビがなくても迷う心配はありません。

関東圏からのツーリングでも高速道路を使ってスムーズに来られますので、週末の時間を使って手軽にツーリングができるというメリットがあります。
週日は市役所の近くということもあって、中心部で混雑が見られることもありますが、それほど大きなものではないので、楽に目的地までたどり着けるでしょう。
自然の中を漫喫するというタイプのツーリングではありませんが、気軽に来ることができるスポットですので、ツーリングスポットの選択肢に含めてみるのはいかがでしょうか。