Posted (GRbik7uK) in ヤマハ

ヤマハバイクの魅力はどこのあるのだろうか、
今回はその魅力についてお話していきたい。
ヤマハ発動機株式会社は1955年(昭和30年)に日本楽器の二輪製造部門が独立して設立されたもので、
現在では、バイク全体の売り上げ第2位とその勢いは止まらないものとなっている。
ヤマハを愛し続ける人は、「一生ヤマハに乗りたい!」「一度乗ったら他のバイクには乗れない!」と
一度乗ってしまったらその魅力に魅了されてしまうのだ。

その1番の理由は、【独創的なデザイン】である、
そもそもヤマハは、国内において初めて工業デザインを導入した2輪メーカーです。
1950年代頃に登場しましたヤマハ初のバイク、「YA1」は、
そのフォルムを東京芸術大学で経論として立たれてらっしゃる小池岩太郎さんといわれる方に頼んだそうです。
実用車一にのみだけ心を傾けてつくった当時の日本の車の中において、もっとも熱い周囲の注目を集めた。
その後ヤマハ車はすべてではないけれどもそのほかを小池教授がいているデザイン研究所によって
そのフォルムが描かれ、ライダーを惹きつけるそして今でもみんなから親しまれている名車が登場したのです。

現在、この教授が所属していますデザイン研究所はGKデザイングループというところのGKダイナミクスという
設立にいたっております。ヤマハのバイクや車といった全ての見た目の大部分を今も担当しています。
バイクに機能性などを求めていたあの時代からして一般的ではないデザインを重視している、
一貫してバイクとしての美しいデザインにこだわり続けたヤマハ。
なんと2012年の今年には「TMAX」が、ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが
選定を行っているレッドドット・デザイン賞で、プロダクトデザイン2012を受賞した。

これは、年1回開催されています日本だけでなくほかの国の権威あるデザイン賞で、
プロダクトデザイン、コミュニケーションデザイン、デザインコンセプトの部門が一応あります。
プロダク トデザインというものは今までで2年間やってきていたのですが実際に売りにだされているものが
対象とされ、革新性、機能性、品質、人間工学などにまでいたりそれらから基準から審査が行われ、
どれが受賞するものになるのかを、選定される。

「TMAX」は、90年代にはやりましたスクータータイプのデザインで、
アメリカやその他の車をつかっている国など日本国外仕様はその年の次の秋頃より2001年式として発売開始、
日本仕様は2001年後半より発売開始している。

実際にバイクにつまれているエンジンは、このバイク専用となる排気量499ccの4ストロークDOHC4バルブ並列
2気筒で、ハンマーなどで叩いて作るやり方のピストンとメッキシリンダーを使っております。
シリンダーボアにピストンストロークのロングストローク型であり、低くて重たいということを重点てきにして
前のタイヤの加重をよりよくする為にシリンダーをほぼ平行してる位置にて配置、
エンジンオイルをすることで潤滑にしてドライサンプとする。

また、エンジン自体を抑えながら必要ではない振動をもっと今よりもなくしていく為に、
クランクシャフトをこの間にいれこんで逆向きに装着していきそこを水平に保ちながら
ピストン式のバランサーを採用している。
多くのスクーターではエンジンと融合している部分というのがリヤサスペンションのアームと同一化をして
スイングをもちいましたユニット式を採用するが、TMAXではエンジンをダイアモンドフレームに
リジッドかけわたしていくこととする。

リヤサスペンションは独りだちしていってスイングアーム式を搭載してって、
スイングアームの左側には動きのバネとしての伝達能力チェーンが内蔵される。
これによりスイングしていく機構に比べてってユニットの部分にあたります下重量をもっとも少なくしていき、
一般的スクーターと比率をみていくと高速走行時の運転のしやすさがとってもいい。
このように、デザイン性にも世界的に認められたヤマハのバイクはこれからも目が離せないだろう。
http://bike.blogmura.com/yamaha/
ここには沢山ヤマハ バイクの魅了を紹介してくれるブログが沢山あるので、
もっとヤマハのバイクを知りたい方はのぞいてみては??